若くてもagaになる!?薄毛の進行を抑えるために大切なこと

Posted on 2020年10月6日若くてもagaになる!?薄毛の進行を抑えるために大切なこと はコメントを受け付けていません。

若ハゲはagaの可能性が大きい

若ハゲと言われる症状の多くがagaです。父親がagaだと息子に遺伝する確率が高いと言われていますが、親族に薄毛が一人もいなくても、自分だけ薄毛になるという例もあります。agaの発症年齢は昔と比べて低年齢化していると言われており、ストレスが引き金との説があります。agaの直接的な要因は悪玉男性ホルモンと呼ばれるDHTですが、過剰なストレスにより進行を促進させることがあるのです。ストレスを抱えやすい男性は、若ハゲになる確率が高いと認識してください。

喫煙と過度の飲酒は薄毛を促進する

aga専門のクリニックで治療を受けるとき、禁煙を勧められる男性は少なくありません。タバコに含まれるニコチンには血管収縮作用があり、ミノキシジルなどの発毛剤の効果を弱くしてしまうのです。ミノキシジルは優れた血管拡張・促進作用がありますが、喫煙により効果が相殺されてしまいます。また過度の飲酒もagaの治療効果を弱らせてしまいます。特に内服薬による治療を受けている方は、過度の飲酒で肝臓に負担がかかると、内服薬の効果を十分に発揮できなくなる可能性があるので注意してください。

生活習慣病対策がaga対策にもなる

agaの進行を遅くするために役立つのが生活習慣病対策です。生活習慣病の多くは頭皮と髪に悪影響を及ぼすからです。例えば肥満の状態は栄養バランスが崩れており、毛髪に十分な栄養を届けられていない可能性があります。脂質異常症は血中に過剰な脂質を抱えており、体内に多くの油分が留まっている状態です。ギトギトした脂性の頭皮になりやすいため、agaの促進を促してしまうのです。脂漏性脱毛症という症状があるように、過剰な皮脂は薄毛を進行させます。

薄毛の治療ということで、agaを新宿で行う場合には、新宿にあるaga専門の施設がおすすめです。その際、いくつかの評判の良い施設を比較検討しましょう。